理学整体とは

理学整体の考え方の基本は、自律系と運動系を独立した機能とは見なさずに、相互に関連した働きと考えます。したがって、どちらかに異常が発生した場合でも、その部分のみを特定して施術するというものではありません。

理学整体では、すべての体の異常は、手足の形や体幹の形の異常、あるいは体幹および手足の動きの異常となって現れると考えます。

マッサージなどの刺激によって「気持ちがよかった」からといって、何が改善されたのでしょうか。"気持ちがいいこと"と"改善されること"とは違います。痛みを抑えたからといって、改善されたわけではありません。

つまり、その人の体の異常(壊れ方)がどのように現れ、それがどう変わるのか。客観的にその効果が確認できなければ、本当の改善手段とはいえないのではないでしょうか。

理学整体の基本理論

―「なぜ体は歪むのか?」

体が正常な働きをするためには、筋肉、関節、血管、神経、内臓などが本来あるべき位置で働くことがとても重要です。

しかし、ほとんどの方が少なからず体の歪みを持っていますし、一日体を使うことで、体は歪みます。その一日の疲れを取るために質のいい睡眠をとって、翌朝は体がスッキリ!といったリズムであればいいのですが、出来なくなると日に日に体が歪み歪んだ形を形状記憶してしまい疲労や痛みしびれなどが取れにくい状況になります。

歪んでしまう原因は肉体的、精神的疲労や内臓の異常など様々な原因があります。

筋肉の両端は各々の骨に付着していて、骨を動かす(体を動かす)役目をしていますが、筋肉が緊張しすぎたり緩みすぎたりして本来の骨の位置から少しずれてしまいます。それが体が捻ったり傾けたりして形や動きに現れます。

また、同じ骨に引っ付いている他の筋肉にも影響が及び、それが一部だけにとどまらず、全身へと波状的に他の異常を引き起こして体の歪みを形成するのです。

―「体の歪みはあらゆる箇所に影響を及ぼします。」

例えば、胴体の異常が、手足の形や動きの異常となって現れるという考え方です。

胴体が傾く原因の一つとして、精神的・内科的ストレスにより内臓の異常が発生します。すると自律神経→脊髄→運動神経といった順に伝わり骨格筋を収縮を起こすため、胴体に歪みや捻れが生じ、手と足だけが独立していることはないので当然手足の形や動きの異常に繋がるわけです。

反対に手足の筋肉を動かすことで、胴体を歪めてしまい収まっている内臓やすべての器官が本来あるべき正しい位置、正しい形を崩してしまい正しく働くことが出来ず、内科的にも悪影響を及ぼします。

―「身体全体の機能回復こそ理学整体」

理学整体は治療においても理論に基づいて治療を行います。一部の筋肉に異常が波状的に他の異常を引き起こすのと同じで、筋肉が正常に変わった場合でも同じことが言えます。

手や足の筋肉が正常に戻ると胴体も正常になり、また手足も正常になる。つまり、手を動かすことで、足のバランスまで整えることが出来るのです。

部位からの刺激でも自律系を含めた全体の機能を回復させることができるのが理学整体の治療法です。