理学整体の特徴

健康回復のため、症状を引き起こしている身体の形と動きを整え、抱えている症状を改善へ導く調整法です。

診断

調整する前に、どこがどのように壊れているか確認します。
そのため調整の前後に必ず形と動きの検査を行い、身体の状態を説明します。

原因

理学整体では、痛みや体の歪みは体が異常になった結果として出ている、と考えます。
そのため痛みや歪みがある部分だけの調整をするのではなく、本来の形や動きから 逸脱している体を元に戻すことによって痛みや体の歪みを調整します。

安全

手足を動かして何をされているか分からない程度の弱い刺激で調整します。
短時間で調整し、機械も一切使用しません。

効果を実感

鏡や写真を使って、調整前後でどれだけ変化をしたか実感していただけます。

効果・効能

医療機関で診断された次の様な疾患名、または症状を改善させることができます。

  • 首、腰の椎間板ヘルニア症による痛みやしびれ
  • 腰の脊柱管狭窄症による痛みやしびれ
  • 上記の手術後に残る痛みやしびれ
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)
  • 膝の変形性関節症による痛み
  • 自律神経(不眠、手足の冷え、むくみなど)
  • 妊娠中の腰痛
  • スポーツ(ゴルフ、テニス、水泳)でし難い動きがある...etc

記している症状は患者さんが改善、または消失したと感じていただいたものです。